βグルカンってなに?

免疫機能向上・抗がん作用が期待される注目の健康成分

βグルカンとは、食品に含まれる多糖体の一種。キノコ類やパン酵母、海藻類に含まれている成分です。非常に多くの健康効果を持つ成分として国内外で研究が進められており、とくに免疫機能の向上・がん細胞の増殖抑制作用に関して高い注目が集まっています。

βグルカンが促す健康効果

βグルカンは、身体に取り込むことでさまざまな健康効果をもたらしてくれます。その働きは、私たちの健康維持にとって非常に重要なものばかり。日々の生活の中で積極的に摂取していくことが望まれます。

免疫力を高める

免疫力を活性化させて
ウイルスを撃退
体内に取り込まれたβグルカンは免疫細胞の働きを活性化させ、体内に侵入してきたウイルスや発生してしまった有害な細胞を排除するよう促してくれます。体を有害なものから守ってくれるため、強い免疫細胞は健康を維持するために欠かせない存在です。
インフルエンザの
重症化を防いでくれる
βグルカンによって体内の免疫機能をアップさせると、インフルエンザや感染症にかかってしまっても症状がひどくなることを防ぎ、回復へと導いてくれます。この作用は研究でも明らかとなっており、病気に負けない強い体づくりにも役立ちます。

ガン細胞の増殖を抑制させる

がん細胞を攻撃する
免疫機能を活性化させる
βグルカンは免疫力を高める効果に付随して、がん細胞を攻撃する免疫細胞の働きも活性化してくれます。がんが顕在化するということは免疫機能が低下しているということ。病気に勝てる健康な体を作ることが、がん発生を予防する重要なことなのです。
がんの再発・転移を
防いでくれる
βグルカンが効果を発揮するのは、がんを発生していないケースだけではありません。体内に存在しているがん細胞増殖を防ぐため、治療後の再発や治療中の転移を阻止する役割も持っています。また、抗がん剤の副作用を軽減するといった報告もされています。

コレステロール値を下げる

悪玉コレステロールを
吸着して体外へ排出
βグルカンは、胃や腸で消化されにくい不水溶性食物繊維の一種。腸まで届いたβグルカンはコレステロールなどの余分物を吸着し、体外へ排出します。その働きにより、悪玉コレステロール値の低下が期待できるのです。
生活習慣病の予防にも
効果を発揮
血中の悪玉コレステロールが増加して動脈硬化が進行すると、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞といった病気のリスクが高まります。βグルカンによってコレステロール値を低下させることは、生活習慣病の予防にもつながるのです。

腸内環境を整える

腸内で善玉菌を
増やす効果アリ
食物繊維の一種であるβグルカンは、腸内にいるビフィズス菌・乳酸菌といった善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるという働きも持っています。善玉菌を増やして腸内環境を整えることは、免疫力の向上にも繋がりますね。
便秘を改善・予防して
身体スッキリ
不水溶性食物繊維であるβグルカンは胃や腸で水分を吸収し、約8倍に膨らむのが特徴。便の量を増やし、腸のぜん動運動を活性化する働きがあるため、悩ましい便秘の解消・予防にも充分な効果を発揮してくれます。

役割を終えるまで消化されない!βグルカンのパワー

胃腸で吸収されず腸まで到達
βグルカンは不水溶性食物繊維の一種なため、その役割を終えるまで胃や腸で消化される心配はありません。また、人間の消化酵素によって分解されにくいという性質を持っている上、途中で成分が変化することもないため、本来の効果を発揮することができます。
腸内の免疫細胞を活性化してくれる
胃で消化されることのないβグルカンは、免疫細胞が多く集まる腸までスムーズに到達します。そこにあるマクロファージ・ナチュラルキラー細胞といった免疫細胞を活性化し、体内の免疫機能向上。それによって、病気に強い身体づくりが促進されるというわけです。
ちなみに…

βグルカンを効率的に
摂取する方法

効率よくβグルカンを摂取するにはサプリメントが主流!
βグルカンは、キノコ類に含まれていると言われていますが、毎日の食事から充分な量を摂取することは至難の業。しかも、その食品にどれほどのβグルカンが含まれているかも分からないままでは、本来の効果を期待することはできません。そこでおすすめしたいのはサプリメントの使用。ここでは、効果的で安全なβグルカンサプリメントの選び方についてお伝えしていきます。

高純度なβグルカンの
種類を知ろう

日本でβグルカンサプリメントと言えば、アガリクスをはじめとするキノコ由来のもの。しかし、サプリメント大国の欧米では、キノコ類よりも豊富にβグルカンを含む「パン酵母由来」のものが主流となっています。パン酵母由来のβグルカンは濃度が高く、品質の高いものであればその含有率は85%。しかも、免疫機能アップ・抗がん作用を持つとされるβ1,3Dグルカンの構成比率については、95%を超える高純度のサプリメントも存在します。

パン酵母由来のβグルカンは
体に吸収されやすく効果の期待度が大
パン酵母由来のβグルカンは、粒子サイズが小さいことも特徴です。原料となるパン酵母の細胞は5ミクロンほどで、パン酵母βグルカンはその細胞壁から抽出されるもの。つまり、抽出された時点で微粒子レベルとなります。ちなみにキノコ由来のβグルカンでも低分子を謳っているものがありますが、粉砕・熱処理等の過程によってβグルカンの働きが弱まっていることもあるため注意が必要です。

有効なβグルカンを摂取するために
知っておきたいβグルカンの種類

アガリクスに含まれるの
「β1,6Dグルカン」ってなに?
日本にあるβグルカンサプリといえば、アガリクス由来のものがほとんど。しかし、アガリクスから抽出されるβグルカンの種類は「β1,6Dグルカン」といって、人体に有用な機能が見られないと言われています。

パン酵母由来のサプリに多く含まれる
「β1,3Dグルカン」の効能とは
β1,3Dグルカンは、免疫力アップや抗がん作用に最も有効な成分。パン酵母由来のサプリメントには、このβ1,3Dグルカンが非常に多く含まれているので、高い健康効果が期待できるのです。

その他のキノコ類は
βグルカン自体が微量
メシマコブ・霊芝・ハナビラタケ・冬虫夏草といった食品にもβグルカンは含まれていますが、含有率およびβ1,3Dグルカンの純度は残念ながら低め…。原料や製法によっても含有率・純度が変わってくるので、安定したβグルカンを摂取するのが難しくなっています。

ハナビラタケ・霊芝・メシマコブ・冬虫夏草

β1.3D
含有量
50%以下 20%以下 10%以下
βグルカンよりも
キノコ独自の成分に期待しよう
キノコ由来のサプリはそもそものβグルカン量が少なく、さらに最も摂取したいβ1,3Dグルカンの量も微量。βグルカンの健康効果を、キノコ由来のものに期待するのは困難です。ただ、アガリクス・霊芝などの貴重なキノコにはβグルカン以外の有用成分が豊富に含まれているため、そちらの効果に注目して利用を考えた方が◎。

含有率・純度において
最高水準を誇るパン酵母βグルカン
現在、最も高水準のβグルカンを抽出できるのは「パン酵母」。良品であれば注目のβグルカン含有率は85%以上、さらにβ1,3Dグルカンの構成比率も95%を超えてきます。βグルカンサプリは総じて値段の高いものが多いですが、パン酵母由来のサプリは品質が高いうえに価格が比較的安いのも特徴。続けやすさも大きなメリットと言えるでしょう。
Β1.3D
含有量
90%以上
必見!βグルカン配合 サプリメント5選