摂取する上での注意

気になるβグルカンの副作用と注意点

ここでは、気になるβグルカンの副作用や摂取上の注意など、利用する際に知っておきたいことについてまとめています。

副作用はあるの?

βグルカンはキノコ類・酵母類などに含まれている多糖体の一種で、自然界に広く分布しているもの。副作用や大きな健康被害を及ぼす可能性はなく、誰でも安心して利用できます。ちなみに、過剰摂取した場合であっても、腸で吸収されない分はそのまま通過して体外へ排出されるため、心配はありません。

しかし、どんなに安全性の高い成分だと言っても、人によっては体質や体調に合わないといったケースも考えられます。万が一、βグルカンを摂取して不調を感じたら、すぐに使用を中止して専門医に相談するようにしましょう。また、病気の治療で通院中の方や、免疫反応によるアレルギー疾患を持っている方は、使用前に医師へ相談することを推奨します。

サプリを利用する際は原料の信頼性をチェック

βグルカンのサプリメントを使用して「気分が悪くなった」「体調が悪くなった」という報告もありますが、これはサプリメントに含まれている不純物が原因。βグルカンを主成分と謳っている製品の中には、βグルカン以上に不純物が多く含まれているケースが見られるのです。その不純物の中に健康被害を引き起こす物質(重金属など)が含まれていると、副作用等の被害が発生することもあります。

これを防ぐには、混じりけのない高純度のβグルカン製品を選ぶことが何より重要。原料の産地が明確であることや、添加物ができるだけ少ないものをチェックすることも重要です。

摂取量を守りましょう

副作用の心配がないからといって、過剰にβグルカンを摂取するのはおすすめできません。βグルカンは極めて食品に近い成分なので、多めに摂りすぎても問題はありませんが、不水溶性食物繊維としての性質を持っていることを忘れてはいけません。

ちょっと多めに摂取した程度であれば、腸で吸収されなかったβグルカンは大腸洗浄に寄与しつつ体外へ排出されます。しかし、あまりにも多くのβグルカンを摂取すると、腸内に食物繊維が大量にある状態となり、栄養素の吸収が阻害されたり下痢の原因となってしまうのです。安心してβグルカンを利用するためには、サプリメントに記載されている1日の摂取目安量を守ることが大事。そして量を多く摂るのではなく、毎日コツコツと続けることを重視してください。

必見!βグルカン配合 サプリメント5選