βグルカンの摂取方法

βグルカンを効率的に摂取するポイント

βグルカンを摂取するなら、効率よく体内に取り込みたいものです。ここでは、良質なβグルカンを効率よく取り入れるために覚えておきたい、摂取量や摂取方法についてご紹介いたします。

サプリメントを利用する

βグルカンは、マイタケ・シイタケ・ひらたけ・なめこ・エリンギといったキノコ類や、大麦・パン酵母・オーツ麦などに多く含まれています。もちろん、これらの食品からも摂取できますが、βグルカンの効果を最大限に発揮させる摂取タイミングは「空腹時」。空腹時に簡単に摂取することを考えると、サプリメントの利用が現実的であると言えます。

サプリメントであれば、十分な量のβグルカンを手軽に摂取することが可能。キノコ類が苦手な方でも続けやすいですし、ベストなタイミングで飲めるのがメリットです。βグルカンに限らず、サプリメントは毎日継続することで、効果を発揮します。高品質であることはもちろん大切ですが、続けやすい価格帯であることも重要です。

サプリの場合、βグルカンの含有量・種類に注目

βグルカンは、摂取した分がすべて吸収されるワケではありません。そのため、少量を摂取しただけでは、ほとんど効果を得られないのが現状です。βグルカンの健康効果を得るためには、一定以上の量を摂取することが必要。そのためには、βグルカンの含有量に注目することが大切です。

含有量については、βグルカンの原料となる素材によって変わってきます。現在、最も含有量が多いとされるのはパン酵母由来のβグルカンで、良質なものなら85%以上の含有率。1,3Dβグルカンは95%の構成比率(高純度)となっています。純度の高いものであれば少量でも効果が期待できるため、純度にも注目して選ぶとさらに◎です。

空腹時に摂取する

βグルカンを摂取するタイミングとしては、「空腹時」がベスト。空腹時の腸内は活発になっているため、いつも以上に吸収率が高まっています。ほかの食物が腸内にない状態ですから、腸はβグルカンを吸収することだけに集中でき、より多くの成分を吸収できる構造です。βグルカンの効果・効能を最大限にしたいと思うなら、早朝・午前・午後の食間を目安にするとよいでしょう。

また、βグルカンを摂取する際は、コップ半分~1杯(100~200ml)の水やぬるま湯で飲むことも大事。お茶・ジュース・コーヒーなどで飲んでしまうと、含有されている成分(たんぱく質・脂質など)によっては、吸収率がダウンしてしまう恐れがあります。

必見!βグルカン配合 サプリメント5選