HOME » 健康を促す有効成分に注目!βグルカンとは » βグルカンに世界が注目

βグルカンに世界が注目

その機能性や効果が世界から注目されている「βグルカン」。実は、日本ではβグルカンの認知度は低いと言われています。

βグルカンは水溶性食物繊維であるため、乳酸菌などの善玉菌の栄養となり、腸内環境を良くすることが知られています。

食物繊維の一つであるβグルカンの効果は「免疫力アップ」「抗がん作用」「腸内環境の改善」「コレステロールの値の低下」など様々です。

健康効果が高く、万能な食物繊維であるβグルカンの世界的な注目度や必要摂取量についてご紹介します。

βグルカンに世界が注目

地図""

βグルカンのサプリメントには、色々な種類がありますが、日本では以前からきのこ由来のサプリメントが主流でした。しかし、海外ではパン酵母から抽出されるβグルカンの方が、キノコよりも豊富にβグルカンが含まれていることから、そちらの方が主流となっています。

アメリカでは大麦βグルカンを摂取することによって、「冠状動脈に関連する疾患のリスクが下がる」という効果が認められています。よって、サプリメントのパッケージにもこれを表示することが認可されています。

「冠状動脈」というものは馴染みのない名前かもしれませんが、これは心臓を栄養するための血管であり、ここが障害(閉塞や狭窄)されることで、心筋梗塞や狭心症になることがあります。

βグルカンを摂取することによって、このような病気にかかりにくくなるという効果が国で認められているのです。

健康強調表示

「健康強調表示」とは、ある食品に対する健康を促進したり、疾病の予防を行ったりするような効果があるという表示をすることです。日本では特定保健用食品などの制度がそれに近いです。

海外ではβグルカンに対して、どのように健康強調表示されているのかを見ていきたいと思います。

アメリカ

2006年に認可されています。

βグルカンを含んだ全粒大麦と乾燥大麦粉に関して、「血中のコレステロール低下による冠状動脈心疾患のリスクの低減」という表示許可が出ています。

βグルカンの必要摂取量は、1日3g以上とされています。

EU

EU(ヨーロッパ連合)では2012年に4つの健康表示が許可されています。

  • 「大麦β-グルカンの摂取は冠状動脈心疾患のリスクを低下」
  • 「大麦のβ-グルカンは血中コレステロールを低下」
  • 「大麦β-グルカンは食後血糖値の上昇を抑制」
  • 「大麦の食物繊維は糞便量を増加」

以上4つの強調表示ですが、アメリカのコレステロール値低下と冠状動脈疾患に関する認識は同一であり、さらに食物繊維における便通効果と、血糖値の上昇抑制についての表示が許可されているのが特徴的です。

カナダ

大麦穀物のβグルカンについて「血中コレステロール濃度の低減」の表示許可が出ています。一日3g以上、1g以上を含む食品という必要量の設定になっており、アメリカと似たような表示許可内容となっています。

オーストラリアやニュージーランド

大麦とオーツ麦のβグルカンに対して、一食あたり1g以上を必要量として「コレステロール低下」などの効果の表示許可が下りています。

全体的にコレステロール低下への表示許可が多いイメージですが、コレステロール値と冠状動脈疾患には相関があると言われています。

韓国

日本に近いアジア圏の国である韓国では、大麦由来の食物繊維が「正常な腸機能の保持」という表示の許可がされています。βグルカンという限定した内容ではなく、食物繊維として一日25g〜30gの摂取が必要量としてあげられています。

これらのように世界ではβグルカンの健康効果について、多くの国が認めている成分であることがわかります。

日本での強調表示について

日本でもこのような健康強調表示ついての取り決めはいくつかあります。

有名なところでいくと「特定保健食品(トクホ)」などです。

日本ではまだ国としてβグルカンの表示に関しては健康効果を表示することはできませんが、2015年から新しく始まった「機能性表示食品」という表示制度が使われています。

大麦製品に関しては、たくさんのメーカーがβグルカンについて、論文に基づいて「血中コレステロールの正常化」や「食事に対する血糖値の上昇抑制効果」を製品に表示しています。

今後どのようになっていくかはわかりませんが、全世界的にβグルカンの健康効果については、メリットがあるという見解が多く見受けられます。

日本での認識のされ方も今後大きくなっていくでしょう。

βグルカンの世界での注目度についてのまとめ

研究""

以上のように世界的に見てもβグルカンの健康増進作用は認められており、注目度が高いことがわかります。

日本ではまだですが、アメリカやEU、オーストラリアやカナダでは国として、専門機関からの承認を受けていて、βグルカンの健康機能に関する表示を行うことができるようになっています。

日々の食生活にβグルカンを摂取することを意識することで、コレステロールや血糖値に良い影響をもたらす可能性があります。

世界から注目されるその効果を、ぜひ取り入れてみてくださいね。

必見!βグルカン配合 サプリメント5選